クリエイティブコネクション
ブランド・マーケティング経営コンサルティング
ブランド・マーケティング専門の経営コンサルティング

よくある質問にブランドマーケティング&経営コンサルタントが答えますFAQ

コンサルティング先やセミナー、またメールなどで多く寄せられたご質問やご相談に対しての回答を以下に記します。

 コンサルティングに関する質問一覧

1)ブランディングの効果がでないのですが?
2)中小企業にとってブランディングは有効ですか?
3)地域ブランドの構築もお願いできますか?
4)B to Bでもブランディングは有効でしょうか?
5)地方の企業でもコンサルティングしていただけますか?
6)商品に自信があるのに、売上が伸びないのですが?
7)ブランディングで社員のモチベーションはアップしますか?
8)効果を下げずに広告宣伝費のコストの削減は可能ですか?
9)広告やWebなどの制作のみの依頼も受けますか?
10)実際に制作した広告などを見せていただきたいのですが?
11)商品開発のコンサルティングもお願いできますか?
12)起業支援や経営全般のコンサルティングもお願いできますか?

1)ブランディングの効果がでないのですが?

失敗している多くの場合は、自社ブランドに対して関係者の理解やイメージがバラバラ、戦略もあいまいで、一貫性のあるブランディング活動が行えていないからです。

例えば、マーケティング部と営業部で商品の販売方法に関する見解の違いがあったり、広告などのメッセージが担当者の交代によりコロコロ変わったり、プレミアムブランドであるにもかかわらず、目先の売上アップのために安価な新製品を投入するなどは、逆にブランドを壊してしまいます。

ページトップへ
2)中小企業にとってブランディングは有効ですか?

私たちは、中小企業こそブランディングが必要であり、有効だと考えています。企業規模が小さいことをメリットに、経営者の強いリーダーシップと少数精鋭の社員の団結により、独自性を活かして小粒ながらマーケットでキラリと光るブランドを構築することが可能です。

そのためには、まず自社の置かれている現状を分析・把握し、明確なブランド戦略を立てることが重要です。実際に、いまはビッグなナショナルブランドも、その多くは限られたエリアのローカルブランドからスタートしています。

ページトップへ
3)地域ブランドの構築もお願いできますか?

企業も地域もブランディングの基本は変わりません。地域には歴史遺産や美術品などの「文化的資源」、農林水産物や伝統工芸品などの「地域的資源」、小説や音楽に伝統芸能などの「コンテンツ資源」と、有形無形のブランディングの核となるモノが多くあります。

しかし、いざ地域ブランドを開発しようとすると、内部の意見調整などに手間取り、ブランドの顧客となる一般消費者のことをないがしろにし、失敗するケースが多いようです。

まずは私たちのようなブランディングに精通した第三者を交え、明確なブランド戦略を立てることをお奨めします。
経済産業省や農林水産省などが地域ブランドの構築に力を入れており、補助金などを活用することも可能です。

ページトップへ
4)B to Bでもブランディングは有効でしょうか?

B to B企業の経営者の方に会うと「当社は業界ではそれなりに有名だと思いますよ。それに中小ですからブランディングなんて…」のようなお話をよく聞かされます。

しかし、業界とはどの範囲を示しているのか。その企業の技術やサービスの良さまで知られているのか。経営者が思い込んでいるだけではないのかなど、疑問でなりません。

一度、私たちのような第三者を交え、自社の技術やサービスの棚卸をしてください。これまでは関係ないと思っていた業界にも通用する、独自の強み(技術など)が埋もれているかも知れません。そして、それを他業界の展示会、DM、Webなどでアピールすることもブランディングです。

ページトップへ
5)地方の企業でもコンサルティングしていただけますか?

原則として、私たちは全国どこへでもお伺いいたします。但し、遠方に関しては、基本のコンサルティング費に、 交通費、宿泊費などを加算させていただきます。

ページトップへ
6)商品に自信があるのに、売上が伸びないのですが?

マーケットには同じような商品なのに「売れるモノ」と「売れないモノ」があります。その違いは何でしょうか。私たちは「売出し方=ブランディングおよびマーケティング方法」の違いだと考えています。

マーケットの競合他社に勝つために、やむなく商品の価格を下げたり、莫大な費用をかけて改良を図る前に、私たちのような第三者を交え、ブランディングおよびマーケティングの方法を再考することをお奨めいたします。

ページトップへ
7)ブランディングで社員のモチベーションはアップしますか?

目指すゴールが明確でなければ、人のモチベーションはなかなか上がりません。私たちは、社員の方々とブランドチームを組んで、企業のあるべき姿を示すブランド・ブック(企業クレド)を策定。それをセミナーなどで社内に浸透させ、社員自身も企業の価値を上げるブランドを担う一部であることを認識させます。

共通の価値観で誇りを持って働けるようにし、モチベーションのアップを図ります。

ページトップへ
8)効果を下げずに広告宣伝費のコストの削減は可能ですか?

多くの場合、ターゲットと共に使用しているメディアを見直すことで、広告宣伝費は削減することが可能です。
インターネットが発達した現在では、費用が掛かる従来のメディアが必ずしも有効ではありません。他にブランディングをするメディアいくらでもあります。

そのためには、まず明確なブランド戦略とコミュニケーション戦略を立てることが不可欠です。またブランドが浸透してくると、更なる広告宣伝費の削減が可能になります。

ページトップへ
9)広告やWebなどの制作のみの依頼も受けますか?

ご依頼はお受けしますが、原則として戦略を明確にしてからの作業になります。
なぜなら戦略を決めずに進めると、制作物の良し悪しの判断が、意志決定者の好き嫌いになってしまうからです。

ページトップへ
10)実際に制作した広告などを見せていただきたいのですが?

申し訳ございませんが、著作権上のトラブルを避けるため、あえてWebには掲載しておりません。ご要望があれば、ヒアリングなど初回の打ち合わせ時に持参いたします。

ページトップへ
11)商品企画のコンサルタントもお願いできますか?

1つの業界にいると、なかなか他の業界の動向まで知ることはできません。
私たちは、さまざまな業界・業種のマーケティングとブランディングに関わり、多くの経験とノウハウを蓄積してきました。
それらを活かし、新たな視点で商品やサービスのコンセプト開発をサポートいたします。

ページトップへ
12)起業支援や経営全般のコンサルティングもお願いできますか?

私たちはブランド・マーケティングを専門としておりますが、経営全般のコンサルティングにも対応が可能です。
案件内容によっては、パートナーコンサルタントなどと協力してコンサルティングを行います。まずはご相談ください。

ページトップへ
会社概要 | お問合せ | プライバシーポリシー

Creative Connection CompanyCreative Connection Company および クリエイティブ・コネクション は、弊社の登録商標です。