NEWS

ニュース

クリエイティブ・コネクションからの「お知らせ」やブランド・マーケティングに関する「見聞録」など、最新情報を掲載しています。

News

ブランド・マーケティング見聞録

40年以上のキャリアを有する、クリエイティブ・コネクション
代表取締役の町田が、あれやこれやブランド・マーケティングについて語ります。

ブランディングのお話
ブランディングとマーケティングを混同していませんか?
News

先回のブログで、私の“ブランディング”についての基本的な考え方をお伝えしたところ、「マーケティングとブランディングはどう違うの?」という質問が結構ございました。これまでの経験からも“ブランディング”と“マーケティング”の違いがわからない人は意外に多いように思います。

というのも、この2つの言葉は、使われる場面や話す人によって、“定義”が曖昧になりがちな言葉だからです。そこで、この質問に対して、またまた私なりの考え方を書かせていただきます。もしかしたら、“私の定義”も、ある人にとっては「?」となるかも知れませんが…w

■マーケティング4Pの“Promotion”が混同の要因なのでは?

まず“マーケティング”ですが、企業が自社の商品やサービスを大量かつ効率的に売れるように、調査、開発、製造、輸送、保管、販売、宣伝…など、マーケットで行うすべての活動の総称で、マーケット(市場)を拡大していくことです。
 
これを教科書的に記すと、マーケティングは4P『Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(プロモーション)』をミックスさせながら、戦略的に活動することが重要ということになります。


 
次に“ブランディング”ですが、こちらは競合がひしめき合うマーケットで、企業名や商品名、サービス名などを「ブランド」として消費者に認知させ、競合する企業、商品、サービスと差別化を図る活動のことです。
 
具体的には、商品やパッケージのデザイン、シンボルマーク(ロゴ)、ネーミング、キャッチフレーズ、広告、PR、イベント、販促物、CSR活動…などを戦略的に展開して、ターゲットとなる消費者に、企業や商品、サービスをイメージのよい“ブランド”として認知させます。

おそらく定義の曖昧さを生み出している要因は、マーケティング4PのPromotion(プロモーション)にあるのではないでしょうか。何故ならプロモーションも、ブランディングも基本的には「広告やPR、販売促物などのコミュニケーション活動を戦略的に展開する」ことだからです。

実際に、マーケティングでも広報・宣伝の担当者とディスカッションする際は、ほとんどがコミュニケーション活動関連になりますからね。定義が曖昧になるのも仕方ないかもしれません。

■概念としてはマーケティング>プロモーション>ブランディング

簡単に言うと“ブランディング”はPromotionの1つの手法です。例えば、仮にあなたの会社が競合がいない未開拓マーケットに参入するとしましょう。その際は、ブルーオーシャン戦略で、まずは“ブランディング”ではなく、即効性のある機能やベネフィット訴求を行うべきです。まっ、優先順位は違いますが、必然的に会社名や商品名も刷り込まれていきますがね。

ついでに説明すると、“Promotion”という言葉は厄介で「販促活動」のほか、「販促キャンペーン」や「販促物」と捉えられることもあるので、弊社では4PのPromotion(プロモーション)⇒マーケティング・コミュニケーションに置き換えて話すことが多いです。

 
もし、あなたの会社でも“マーケティング”や“ブランディング”の支援が必要だとお考えなら、弊社に一度ご相談ください。最後に宣伝でしたw

 

弊社Webのブランディングに関するページです。
https://www.creative-connection.jp/service/branding.html

ブログに関する質問やお問い合わせは以下のアドレスからお願いします。
https://www.creative-connection.jp/contact/index.html

 


Page top