Q&A

よくあるご質問

支援先やセミナー、またメールなどで多く寄せられる
ご質問にお答えします。

Frequently Asked Questions
マーケティングとブランディングの違いは何ですか?
「ブランディング」と「マーケティング」の違いについて、正確に把握している人は意外に少ないと思います。というのも、2つの言葉の定義は非常に曖昧で、使用する人によってニュアンスに違いが出てきてしまう言葉だからです。
 
私たちはマーケティング・コミュニケーションのスペシャリストとして、以下のように考えています。

概念:マーケティング>ブランディング

「ブランディング」は「マーケティング」活動における1つの手法です。
ついでに説明すると、マーケティング>マーケティング・コミュニケーション>ブランディングという位置づけになります。
 
まず「マーケティング」ですが、企業が自社の商品やサービスを大量かつ効率的に売れるように、調査、開発、製造、輸送、保管、販売、宣伝…など、マーケットで行うすべての活動の総称で、マーケット(市場)を拡大していくことです。
 
これを教科書的に記すと、マーケティングは4P『Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(プロモーション)』を考え、戦略的に活動することが重要ということになります。
 
次に「ブランディング」ですが、競合がひしめき合うマーケットで、企業名や商品名、サービス名などを「ブランド」として消費者に認知させ、競合する企業、商品、サービスと差別化を図る活動のことです。
 
具体的には、商品やパッケージのデザイン、シンボルマーク(ロゴ)、ネーミング、キャッチフレーズ、広告、PR、イベント、販促物…などを、戦略的に組み合わせて、ターゲットとなる消費者に、企業や商品、サービスをイメージのよい「ブランド」として認知させます。
 
その結果、「〇〇〇といえば、あの会社」「このシンボルマーク(ロゴ)はあの商品」…といった意識を、ターゲットに浸透させることができれば、ブランディングは成功ということです。
 
おそらく「マーケティング」全体を考える際に、前述した4Pの『Promotion(プロモーション)』の中に、広告やPR、販売促進などのコミュニケーション活動も入ってくるので、「マーケティング」と「ブランディング」、さらに「マーケティング・コミュニケーション」の定義が曖昧になってしまうのでしょう。
 
正しい戦略のもとで「ブランディング」に取り組みことは、「マーケティング・コミュニケーション」および「マーケティング」活動にとって非常に効果的です。
 
もし、あなたの会社でも「マーケティング」や「ブランディング」の支援が必要だとお考えなら、まずは一度ご相談ください。



Page top