NEWS

ニュース

クリエイティブ・コネクションからの「お知らせ」やブランド・マーケティングに関する「見聞録」など、最新情報を掲載しています。

News

ブランド・マーケティング見聞録

40年以上のキャリアを有する、クリエイティブ・コネクション
代表取締役の町田が、あれやこれやブランド・マーケティングについて語ります。

ブランディングのお話
技術をブランド化しませんか?①
News

「えっ?技術をブランド化する???」と思われる方も結構多いのではないでしょうか?でも、例を見ると、ほとんどの方が「!!!」と納得すると思います。

簡単にいうと、企業名や製品名ではなく、独自の技術やノウハウをブランド化することです。そして、その技術名を冠した機能などを搭載した製品やサービスに付加価値を与え、他社との差別化を図ります。

身近な例としては、「インテル、入ってる。」でお馴染みの『インテルCoreプロセッサー』、ユニクロの『HEATTECH(ヒートテック)』、シャープ『プラズマクラスタ―』などです。

■独自の“技術”をブランド化する『技術ブランディング』。

私たちは“技術をブランド化する”ことを『技術ブランディング』と称して、15年以上前から啓蒙活動も兼ねて各地でセミナーを開いたり、実際に数多くの“技術のブランド化”をサポートしたり、地道に活動を続けてきました。

ちなみに、フィリップ・コトラーは『Ingredient Branding(直訳:要素ブランディング)』、また某広告代理店は『テクノロジーブランディング』と名付けているようですが、基本的に同じで、決して新しいブランディング手法でもありません。

日本でも昔から『技術ブランディング』はありました。例えば、独自の機能や製法を訴求する日立『からまん棒』やキリンビール『一番搾り』、製品の先進性を示す「日本初」や「世界初」の表示、企業全体の技術力の凄さを訴求する「技術の日産」や「E&Eの東芝」といった企業スローガンなども『技術ブランディング』の範疇であると考えています。

変わったところでは、一時期もてはやされたシャープ液晶テレビ『亀山モデル』です。最先端の工場名をブランド化して差別化を図るとは、正直いって驚かせられました。

また、FUJI FILMは、すでに社名の由来となった写真用フィルムから撤退しましたが、長年培ってきた“フィルム技術”をベースに新たなビジネスを展開。今や“FUJI FILM”の社名自体が技術の高さを訴求する『技術ブランド』になっています。

■類似した製品やサービス、機能と差別化する際に威力を発揮。

いずれにしろ、マーケットに似たような製品やサービスが溢れ、企業名や製品名では差別化が難しくなってきた時に、“技術の見える化”で差別化を図る『技術ブランディング』は威力を発揮します。

昨今の“炊飯器”を見ればわかりますが、もはや差別化のポイントは、独自の“炊き方”ですらなく、“内釜の素材”などのブランディング勝負になっていませんでしょうか?

■企業自体のイメージアップやリクルートにも貢献。

また、このコロナ禍で状況が少し変わってきましたが、昨年まではエンジニアのリクルート対策として、「企業自体の先進的なイメージを高めたい」という、ご相談を数多く受けていました。

実際に、村田製作所をはじめ、多くのBtoB企業がこぞってテレビCMを放映していた時期がありましたが、主な目的は優秀なエンジニアなどの人材を獲得するためのリクルート対策です。

その他、一般の消費者が抱く企業イメージ、認知度、その企業で働いている方々のモチベーションなどのアップも同時に図ることができます。

 

次回のブログでは、「BtoCおよびBtoB企業が技術ブランディングに取組むべき意義」、「技術ブランディングを進めていく上でのポイント」などについて書いていく予定です。

弊社Webのブランディングに関するページです。
https://www.creative-connection.jp/service/branding.html

ブログに関する質問やお問い合わせは以下のアドレスからお願いします。
https://www.creative-connection.jp/contact/index.html

 


Page top